marikolog

ヴァイオリン奏者として活動している水野真梨子のブログです

VIOLINと音楽とうさぎと教室での毎日を綴ります。
教室のお問い合わせや演奏依頼はvn.mizunomariko★gmail.comまで。(★を@に変えてください)
レガート バイオリン教室(精華町光台 * 奈良市富雄北)

レガート卒業生のいま:画家 松尾奈保さん

ヴァイオリンクラスの教室に飾っている一枚の油絵があります。

「え!これ写真じゃないんですか!」とみんながびっくりする一枚。作者は元ピアノクラスの松尾奈保ちゃん。

 

以下はピアノクラスの、のりこ先生による松尾奈保ちゃんの卒業展レポートです。

*****

先週思い切って広島まで足を伸ばし、高校卒業までピアノを教えていた生徒の卒業作品展に行ってきました。


祖父がそこにいる、なんてことない日常の風景を描いた彼女の作品はまさしく大学4年間の集大成で、どの距離からどの角度から見ても面白く、大事な人や場所への愛にあふれていました。

すっかり大人の女性になり、1人の芸術家として歩き出した彼女の将来を応援せずにいられません。
これからも頑張ってね!卒業おめでとう☆

f:id:agoramc:20190219202859j:plain

f:id:agoramc:20190219202849j:plain

f:id:agoramc:20190219202854j:plain

 *****

私も初めて作品を見た時から、すっかり彼女の絵のファンになっています。
ぜひ、ぜひみなさん応援してください!
ホームページには他の作品も掲載されています。どれも素晴らしいですよ!

 

松尾奈保さんホームページ
https://nahomatsuo.wixsite.com/naho-matsuo

あべの ユニゾンコンサートから2週間

いや~いろいろありました!

先月末は阿倍野区民センターでユニゾンコサートでした。

f:id:agoramc:20190208094906j:image
f:id:agoramc:20190208094911j:image
f:id:agoramc:20190208094902j:image

レガートからはSくん、Aちゃん、Mちゃん、Sちゃんが出演してくれて、
スーパーキッズオーケストラと東京藝大附属高校に在籍している愛ちゃんとの夢の共演ができました。
私が初めて愛ちゃんに会ったのはもう10年ぐらい前かな~、ほんとに立派に成長していて、ユニゾンコンサートでは来月のリサイタルで弾く曲も披露してくれました。

アップし忘れていましたが新大宮のイタリアン・バンケッティでトリオのコンサートもありました。
演奏の写真は撮りませんでしたが美味しかった料理の写真はぎょーさんあるので、載せとこかな!

f:id:agoramc:20190208095549j:image

少し前にはレコーディングもありました。超有名な曲を弾かせて頂きました!
告知OKになったらお知らせします。

そして先週には東京で座奏のためのヴァイオリン骨体操と、指揮の講習でした。
実際に弦楽四重奏を前に指揮を振りますが、本当に難しい…(写真中央でまごついているのが私)
演奏側のタイミングには慣れていますが、スコアの少し先の指示を的確に出すこと、曲の最後のrit.も、やりすぎてしまったり結局伝わらなかったり…

わかっちゃいるけど、指揮って自分の動きは少し先に進まないといけないため、音と一緒にいけないんですよね。それがもう、「あーまた遅かったぁぁ~」の連続でした。

縦も乱れず、なおかつ横の流れも…なんて、いつになったら出来るのか。

そしてやっぱり遠藤先生の講座は素晴らしい。受けるたびに先生の進め方が進化していて、「面白い」「わかりやすい」「気持ちいい」でした。
f:id:agoramc:20190208095627j:image

慌ただしく過ぎていく毎日ですが、先日は夫の友人夫妻がいらして、奈良を案内するというので息子と私も同行しました。
いい天気でぽっかぽか。
鹿せんべい🍘をあげたり、鳩を追いかけたり、客人(きれいな奥様)にまとわりついたり…幸せそうな息子でした。

f:id:agoramc:20190208095554j:image

これからは発表会の準備で慌ただしくなります。
さあがんばるぞ!

2019 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

年末に、タイの方と結婚し向こうに暮らす、小学校時代からの友人に会いました。赤ちゃんを連れて里帰りしている彼女は、小学生の頃からいつ会っても笑顔で前向きな女性です。
彼女がアメリカの西海岸に住んでいたころ、私の義祖母の家が近い事がわかり、ロサンゼルスで会ったこともあります。どこで暮らしても幸せそうで、逞しくしなやかだなあと感じさせられます。

 

まだ首もすわらない彼女の赤ちゃんと、彼女自身にと、ベビーオイルと日焼け止めを持参し、リクエストされていたヴァイオリン演奏をしてきました。

音が鳴るとじっと耳をすませているような様子の赤ちゃんに、クリスマスの曲やコウノドリのテーマ曲を聴いてもらいました。

 

数日後送られてきたメッセージに、

「マッサージしてみたら、うちの子、初めてこんな風に笑ったよ!ベビーオイル本当にありがとう」

とあり、添付の動画には、優しく撫でられながらケタケタと大笑いする赤ちゃんが写っていました。
観ているとそのうちに撮影している友人の笑い声が涙声にかわり、泣き笑いしているのが分かりました。

 

 ただ赤ちゃんが大声で笑った、

それだけのことで私たちは幸せを感じて、涙が出ました。

そして私は、あらためてひとの愛を感じることが出来て、胸がいっぱいになりました。

 

 他人の命を軽んじる発言であったり、人間が自然界をいとも簡単に破壊し踏みにじるような哀しい出来事が多い中の癒しのひとときでした。

子どもの教育、子どもの権利を軽んじる場面にも出くわします。とても胸が痛みます。

 今年も、色んな事を調べて、自分の納得できるように、そして恥じない選択だと思えるように、歩んでいきたいと思います。

 

 みなさまにとりまして、幸多き素晴らしい年となりますよう心からお祈り申し上げます。

今年は出版ラッシュでした

夫や母をはじめ身のまわりで出版の続く年でした。

 

大変な良書をご紹介します。
お世話になっている先生が今年7月に出版されました。

 

「おせっかいかもしれないが、18で選挙権を待つことになった若者たちへ」と熱い使命感から書かれた本。

デモとはそもそも何か、立憲主義とは何か、三権分立とは何か。民主主義(デモクラシー)の基となるギリシャのデーモス(民衆)クラティア(権力)などの意味から、

英独米においての子供たちへの主権者教育についてなど、丁寧にわかりやすく書かれています。

 

目次だけでも、読みたくなりませんか?

学生はもちろん、全ての人に手にとっていただきたい本です。

 

f:id:agoramc:20181212130842j:imagef:id:agoramc:20181212130848j:imagef:id:agoramc:20181212130845j:image

 

登大路ホテルとイオンモール高の原

昨日は登大路ホテルでの演奏でした。

f:id:agoramc:20181117211853j:image

同志社同窓会女子部 奈良支部の総会に呼んで頂き、お食事のあとミニコンサート。
まあ皆さん素敵な方ばかりで、暖かく迎えてくださいました。
f:id:agoramc:20181117211856j:image

出番まではホテル内のバーでコーヒータイム。

f:id:agoramc:20181117214640j:image真剣に語り合っているのは「あの芸能人は整形か?」です。
もうちょっと高尚な話しといたらよかったわ。

 

そして今日はこちら!レガートアンサンブルの2回目のイオンコンサートでした。
今回は土曜ということもあり、学校などで参加出来ない子も沢山いたのですが、
初登場のメンバーも健闘しました!
いつも出てくれるみんなはさすが慣れた様子。頼もしかった~

f:id:agoramc:20181117211859j:plain

写真や動画が集まれば掲載したいと思います。
嬉しいことに「ぜひ来年も!」と言って頂けたので、またみんなで頑張りたいと思います。
おつかれさまでした!

 

アルケミストコンサート

f:id:agoramc:20181110163415j:image

田原本小学校創立60周年記念の芸術鑑賞会で、

たっぷり1時間のアルケミストコンサートでした。

アルケミストのおふたりの音楽は、みんなきっと積水ハウスのCMソングで一度は耳にしたことがあるはず!

f:id:agoramc:20181110163506j:image

アルケミストからの様々なメッセージがこめられた1時間。
とても重たいテーマの「人権」を語るにしても、

 

「ヴァイオリンは高くてとっても美しい音が出るよね。

 チェロは低くてとっても豊かな音が出るよね。

 じゃあ、
 ヴァイオリンのような高い音が出ないチェロは、ダメな楽器だと思う?
 

 ちがうよね。
 違ったって、どちらも素敵だよね。それが、人権です」

 

と、私たち(の楽器)を使ってとても優しい口調で、分かりやすく、子供たちに伝えておられました。

「みんな、次の曲は、未来の自分にがんばれ~!って言うつもりで、歌おう!」
としょうたろうさんが呼びかければ、
空にむかって手を振って、
「がんばれえ~!」と飛び跳ねる子供たち。

大きな大きな、楽しそうな声を聴かせてもらえて、弦カルメンバーは感動で視界がぼやけていました。田原本小のみんな、本当に上手だったよ!

まっすぐな子供たちと、一生懸命な学校の先生がた、
そしてとびきり優しくて素晴らしい才能を持ったアルケミストのおふたりと、ゆうさんと、裏方を一手に担われているこんたさん。
いつも二つ返事で集まってくれるアルケミストのカルテットメンバー。

すなおで、純粋で、とても清々しいものを分けてもらった心あたたまる一日でした。
関係者のみなさま、ありがとうございました。